ルワンダ紹介

キガリにいながらルワンダのコーヒー産業体験!

キガリにいながらルワンダのコーヒー産業体験!

こんにちは。「minimalish life」をご覧いただきありがとうございます。アフリカ大陸のほぼ真ん中に位置する、ルワンダよりお届けしています。

ルワンダはコーヒーの産地。国が力を入れてスペシャリティコーヒーを作ろうとしていることもあり、少しずつ日本でもルワンダコーヒーを見つけてもらう機会が増えてきています。

一方で、いざルワンダに住んでいると、コーヒーの世界に出会わないもの。もちろんカフェに行けばコーヒーは飲めますが、コーヒーの木を見かけることは基本的にないし、加工している場所も遠方が多く見る機会は残念ながらありません。

そんな中、唯一首都キガリにいながらコーヒー体験が出来る場所Rwanda Gorilla’s Coffeeへ行ってきました。遠方に行くのは難しいけど、ちょっとでもコーヒー産業を見てみたい!という旅行者の方にバッチリな場所をご紹介します。

こんな方にオススメの記事です

・ルワンダに旅行予定の方
・コーヒーがどうやって作られるか気になる方
・コーヒーが大好きな方

ルワンダはスペシャリティコーヒーの産地

ルワンダはスペシャリティコーヒーの産地

最近ではスターバックスや上島珈琲にて見かけることも増えてきたルワンダコーヒー。じわじわと日本でも広がっていてすごく嬉しい限りですが、ここルワンダはコーヒーの産地です。

ルワンダがコーヒーの生産に向けて本腰を入れ始めたのは2001年頃から。それまでもコーヒーは作っていましたが、この頃から「スペシャリティコーヒー」として輸出できるように、生産のプロセスを見直したり、設備投資をしたりと、海外からのサポートを受け入れながら取り組みが進んでいます。

国土が四国の1.3倍と狭いこともあって「大量生産・大量輸出」をすることは叶いません。だからこそ「品質重視の高級品」を作っていこうという路線で頑張っているということです。

キガリ市内で楽しめるGorilla’s Coffee工場見学

黄色いパッケージが可愛く我が家でも愛飲しているゴリラコーヒー。

唯一キガリにいながらも見学の出来るコーヒー工場はGorilla’s Coffeeの1か所だけ!せっかくだからコーヒー産業を見てみたいけど、実際に木が育っているエリアまで行く時間はなさそう…というお忙しい旅行者には、この場所がオススメです。

Magerwaという輸出入の要であるエリアにある工場にて、コーヒーの加工をする設備を見せてもらえます。

このような建物の中に、大きな焙煎気を構えているGorilla’s Coffeeです。

Gorilla’s Coffeeで見れるもの

・各地から集めてきた豆のソーティング
・コーヒー豆のロースティング(焙煎)
・コーヒー豆のパッケージング

工場と言うと遠方にあるイメージがありますが、キガリの中にこれだけの設備をそろえているというのはすごいなと言う感じです。事前に予約をすると、説明をしながら中を見せてもらえるので、旅行で来ている時などは立ち寄ってみると面白いと思います。

Gorilla’s Coffeeオフィシャルホームページはこちら
工場見学を希望の場合は、事前に電話予約が必要です。
コーヒー豆を買うだけならば、予約なしで立ち寄りOK。

実は多くのコーヒー団体を支えるGorilla Coffee

実は多くのコーヒー団体を支えるGorilla Coffee

Gorilla Coffeeは、ルワンダの中ではかなり大きなブランドで、イタリアから輸入したという大きなロースター(焙煎機)を構えています

工場見学をさせてもらった時に教えてもらったのですが、実はルワンダのコーヒー産業を盛り上げるべくお手伝いもしているとのこと。どういうことかというと、焙煎機を構えられないような小さな規模のコーヒー組合・団体の豆をローストしてあげているそうです。

確かに敷地内にはいくつかの小さな事務所(もはや小屋)があり、小さなコーヒー組合のオフィスのようでした。農家の数は5万を超え、どの地域にもコーヒー組合があるルワンダですが、どこも規模が小さいので焙煎機まで揃えるのは厳しいのでしょう。

圧倒的なブランド力を誇るGorilla Coffeeですが、ルワンダのコーヒー産業を盛り上げるためにも一役買っているとは…!

まとめ:Huyeまで行けなければせめてキガリでコーヒー体験

Huyeまで行けなければせめてキガリでコーヒー体験


ルワンダまでお越しの際は、ぜひともスペシャリティコーヒーの産地であるHuye(フイエ)などを訪れてもらいたいですが、キガリ市からは車で3時間くらいと遠いのが難点。

テーブルの上のカフェラテ
ルワンダはコーヒーの産地。日本にいながらルワンダ体験!ここルワンダは、実はコーヒーの産地です。なんせこぢんまりとした国なので、大量に作れる土地がなく、採れる量が限られているから、そこまで知られていない…この国のコーヒーは間違いなく美味しいことを知っているので、ご紹介していきます。そして日本にいながら、おうちでルワンダ体験をしてみて下さい!...

スケジュールがタイトな方は、そこまで行けない…というケースもあるかもしれません。その場合、キガリ市内で1時間ほどで終わるコーヒー工場見学を検討されてはいかがでしょうか

Majerwaというキガリの関所ともいえる、輸出入されてきたものが集まるエリアとあって、かなりゴミゴミした地域ではありますが、その活気も含めて良い見学になると思います。

せっかくコーヒーの産地までお越しの際には、ぜひ立ち寄ってみてください!ちなみに、工場でお豆を買うと、スーパーで買うよりも少しだけお得に買えます。お土産などでまとめ買いの際には、ぜひ◎