ルワンダ紹介

ルワンダの紅茶畑見学!Kitabi Eco Center

ルワンダの紅茶畑見学!Kitabi Eco Center

こんにちは。「minimalish life」をご覧いただきありがとうございます。アフリカ大陸のほぼ真ん中に位置する、ルワンダよりお届けしています。

先日ルワンダの紅茶の産地へお出かけしてきました。コーヒーの方が有名ですが、実は紅茶の名産地でもあるんです。国立公園であるニュングエの森の近くの、キタビというエリアは紅茶の産地とあって、どこまでも続く茶畑がどーんと広がっていました!

茶畑以外に観光スポットはほとんどないエリアのため、滞在できる場所も限られていましたが、宿泊したKitabi Eco Centerは子供連れには楽しいアクティビティが沢山あったのでご紹介します。

こんな方にオススメの記事です

・ルワンダが気になっている方
・ルワンダ国内旅行先を探している方
・ルワンダの観光事情が気になる方

茶畑の中にポツンとあるKitabi Eco Center

茶畑の中にポツンとあるKitabi Eco Center

キガリ市内からは最短でも4時間ドライブという少し遠いところですが、ニュングエの森に向かって進むと広がっているキタビという町。

何度も丘を越えて進んでいくと、どんどん標高が高くなっていくにつれて、少しずつ緑色をした丘が広がってきます。一本道なので見逃すことはないとはいえ、看板はとても渋くて「え?ここ登るの?」って感じの細道に逸れたところにKitabi Eco Centerはありました。

数年前にできた宿泊施設とはいえ、正直言ってかなり「渋い」。ロッジなどが並ぶキャンプ場といった雰囲気で、トイレも外付けだし、食事をする場所も基本的にアウトドア感たっぷりです。でも茶畑に囲まれているということもあり、景色は絶景!

愛読書を持って田舎でじっくり考え事をしたい人、家族連れでのんびりしたい人、テントを張る場所もあるのでアウトドアを楽しみたい人にはオススメです。

ルワンダの伝統的な王宮に泊まれる楽しさ

ルワンダの伝統的な王宮に泊まれる楽しさ

Kitabi Eco Centerの目玉は、ルワンダの伝統的な建物である「王宮」に泊まれるという点。からぶき屋根のクラシックな建物に我が家も宿泊しました。

滞在期間中に、ローカルの方々が親族の集いのようなもので沢山集まっていたのですが、現地の方々もこの建物には興味深々。フォトスポットのようで、みなさんポーズを決めていました。

室内焚火

建物の中心には、炭火を焚く場所があって、夜になると熱々のチャコールを持ってきてくれて焚火体験まで出来ました。日本でいうところの「囲炉裏」みたいな感じでしょうか。

我が家が止まった1番大きい王宮は、シングルベッドが4つ、ダブルベッドが1つ入っていたので、複数人数でわいわいと旅行している人にも楽しいかもしれません。

本格的なピザ窯でのピザ作り体験が楽しめる

本格的なピザ窯でのピザ作り体験が楽しめる

旅行前にインスタグラムでKitabi Eco Centerを調べていて気になっていたのがピザ窯!我が家はピザが大好きなのですが、ここには本格的な窯があると知って、すごく楽しみにしていました。

夕方から火をおこし始めて、実際に窯の中の温度が上がるまで1時間半程度。じわじわと火が強くなるのを見ているだけでも十分なアウトドア体験といった気分です。

ピザは生地とトッピングを準備してくれて、自分たちで好きな具材を載せるというお楽しみでした。自家製トマトソースにパイナップルやチーズをトッピングしてから、あつあつの窯に入れてくれるのでとても楽しい夜ご飯でした。

ルワンダで国内旅行をするときのコツは夜ご飯を早めにオーダーすること!夕方になってから相談すると、そこから材料調達やら火おこしが始まって、食事にありつけるのはいつになるやら…となりがちです。お昼のうちにメニューから選んでおくのをオススメします。特に、キッズがいるとね。

とにかく寒い!でも絶景の朝ごはんが食べられる

とにかく寒い!でも絶景の朝ごはんが食べられる

「景色がすごい!」と聞いていたKitabi Eco Centerですが、それは間違いなかったです。特に朝の時間帯は、周りの茶畑に雲海が広がっていて、さながら水墨画の世界といった感じ。

ウッドデッキの上で、雲海を見ながらすするコーヒーは格別でした!ただし、寒い。標高2,500m地点とあって、信じられないくらい寒かったです。

念のため…と暖かい服装を持っていたので助かりましたが、本気で寒いのでジャケットやセーターをお忘れなきよう。スタッフの人はダウン着てました。それくらい寒いです。

ごはんを食べるのは外なので寒いけど、滞在している「王宮」では夜に向けて焚火を準備してくれる上、人数分のゆたんぽも借りられるので、そこまで寒くありませんでした!ただしトイレは外なので、早めに済ませることをオススメします。

まとめ:ルワンダにいるなら一度は行きたいキタビ

まとめ:ルワンダにいるなら一度は行きたいキタビ

せっかく紅茶の名産地にいるのだから、一度は行ってみたい紅茶畑の景色。首都キガリからは少し離れたところに位置しているとあって、今まで行けてなかったのですが、ついに重い腰をあげて出発しました。

2歳児との長いロードトリップは不安でしたが、途中休憩を意識しながらやってみたらなんとかなりました!これから国内旅行を検討する方に向けて、オススメ休憩スポットをメモしておきます。

ニュングエ・キタビに向かう時の休憩スポット
  • Stafford & Family Cafe:キガリを出て1時間半程度の一本道にあるカフェ
  • Butare/HuyeのGood to Back:サクッと出てきてボリューム満点な中華料理屋さん

もう一つ、西の方にSorwatheという紅茶農園+宿泊施設があって行ってみたいと思いつつ、コロナの影響もあって休業中なのでもうしばらく待ちぼうけが続きそうです。

ちなみに、ルワンダのもう一つの特産物であるコーヒーについては、こちらの記事でご紹介しています!

テーブルの上のカフェラテ
ルワンダはコーヒーの産地。日本にいながらルワンダ体験!ここルワンダは、実はコーヒーの産地です。なんせこぢんまりとした国なので、大量に作れる土地がなく、採れる量が限られているから、そこまで知られていない…この国のコーヒーは間違いなく美味しいことを知っているので、ご紹介していきます。そして日本にいながら、おうちでルワンダ体験をしてみて下さい!...