旅行

子どもと行く神戸の旅!神戸の観光バスがこの夏お得

子どもと行く神戸の旅!神戸ワンダーパスがとってもお得

こんにちは。「minimalish life」をご覧頂き、ありがとうございます。アフリカ大陸のほぼ真ん中に位置する、ルワンダより通常はお届けしています。この記事を書いている2022年夏は、日本に一時帰国中です!

一時帰国に伴って、神戸に遊びに来ています。いろいろと見たい場所はある一方で、3歳児と一緒の観光はちょっぴり大変

そんな乗り物大好き世代と一緒に旅行をするならば、この夏は神戸ワンダーパスがとっても便利です。

移動までも「お楽しみ」になるだけでなく、有名どころをぐるっと回ってくれて、さらには乗り放題と良いとこづくし!ぜひ、2022年の夏の特別価格のうちに、存分に楽しんでしまいましょう◎

こんな方におすすめの記事です

・子連れで神戸旅行をしたい方
・乗り物好きの子供がいる方
・神戸観光デビューの方

神戸観光に便利なバスは2種類!

神戸に遊びに来た我が家が移動手段&お楽しみとして見つけたバスが2種類ありました。

港周辺をぐるっと回るポートループ

港周辺をぐるっと回るポートループ

ポートループは通常のバスを2つ繋げた長い周遊バス。街中を走っていると、とにかく長いので目立ちます。

新港町エリアやメリケンパークエリア、ハーバーランドエリアなどの海沿いをぐるっと回るルート!

いわゆる神戸の観光地といったエリアで、おしゃれスポットも色々あるし、何より広々とした空間が魅力的な場所です。だがしかし、港とあって夏場は炎天下との闘いというのがネック…

そんな時に助かるのがポートループです。歩こうと思えば歩けちゃう距離かもしれないけれど、暑い中歩くのは苦しい…という距離をぐるっと回ってくれます。

異人館から中華街まで回れるシティループ

異人館から中華街まで回れるシティループ

クラシカルな街並みにマッチする、緑と金色が基調のレトロなシティループは、バスの中もクラシカル&バスガイドさんまでも乗車しているというほどの本格観光バスです。

ポートループのように港ゾーンももちろん、市内の中華街や居留地ゾーンや、異人館ゾーンまでぐるっと巡れるとあって、THE神戸観光ルートを回ってくれます。

これに乗れば、神戸の人気スポットは全部網羅できるのでは?というくらい、完璧なルートだなぁと感じました。

子どもと一緒に遊びに行くのにぴったりの観光バス

大人だけの旅行であればわざわざ周遊バスに乗る必要もなく、行きたい場所をパっと決めて行動することも可能です。でも、子連れとなるとそうはいかないもの。

今回は3歳児を連れて周遊バスを楽しみましたが、メリットが沢山有りました!

移動そのものがアクテビティになる

移動そのものがアクテビティになる

ポートループもシティループもどちらも可愛らしいバスということもあり、乗り物好きの3歳児からするとワクワクがたっぷり!

・「次降ります」のボタン押したい!
・今度は何色のバスに乗る?
・次は何駅乗る?

ただの移動と思ってしまいがちなバス時間が、子どもがいるとアクテビティに切り替わりました。

もう少し年齢が上がった子であれば、地図を事前にGETしておいて、行きたいルートを組むという事前作業も楽しいかもしれません。

あちこち歩かなくて済むから疲れない

あちこち歩かなくて済むから疲れない

観光となると「移動→観光地→移動→観光地」と歩き回るのが定番です。大人の足であればサクサクと効率よく進めますが、子どもと一緒だとすべてがのんびりペース。

しかも3歳児と一緒だと、歩ける距離にも限界があり、くたびれモードに入った子どもと動くのは至難の業ですよね…

観光エリアを丁寧に回ってくれる周遊バスなので、バス停から観光地までのアクセスはとてもよく、歩く時間をできるだけ減らすことができました。1,2日乗車券を買ってしまえば、たいした距離でなくてもこまめに乗り降りできるので、とっても便利です。

あちこち歩かないから天候に左右されない

あちこち歩かないから天候に左右されない

我が家が神戸を訪れたのは7月と、いわゆる暑い時期でしたが、このバスのおかげで「炎天下をひたすら歩く…」という過酷な事態を避けることができました。

だいたい15~20分に1本のペースでバスが回ってくるので、バス停で待っている時間は暑いのですが、一度乗ってしまえば涼しい環境で座れるので休憩タイムになります。

寒い冬や暑い夏、さらには雨が降っていてあちこち行きたいけどちょっと天気が…という時期は、観光バスを使うのはアリだと感じました。

神戸の観光バスは1,2日乗車券が間違いなくオススメ!

子どもと一緒に神戸観光をするなら、ぜひおすすめしたいシティループ・ポートループのバスですが、この両方を乗り放題できる1,2日乗車券があります。

おすすめの乗車券(2022年7月時点の料金)
  • ポートループ 1回券210円
  • シティループ 1回券260円
  • 1日乗車券 700円
  • 2日乗車券 1,000円

何度か乗り降りするのであれば&路線をまたぐのであれば、乗り放題の乗車券を買うのが便利です。

1日乗車券はどこで買えるの?

乗り放題の乗車券は、私たちは三ノ宮のインフォメーションセンターで購入しました。

受付の方の説明がとても丁寧で、地図まで頂き「楽しんできてね~」と送り出していただけるというOMOTENASHIを実感!

主な発売所
  • JR三ノ宮駅南側 インフォメーションセンター
  • JR新神戸駅改札口付近 観光案内所
  • 神姫バス神戸三宮バスターミナル
  • シティループバス車内(1日乗車券のみ)

このほかに、アプリを使ってオンライン決済を済ませる方法もあるそうです。

ただし、バスの乗り降りする方を見ていると、スマホの指定画面を出すのに手間取っている様子があったりして、チケットという性質上「紙の切符」がスムーズだなという印象を受けました。

2022年夏の割引キャンペーン!

三ノ宮の総合インフォメーションセンターにて、一日乗車券を買おうとした際、なんと1日乗車券が半額!という情報を頂きました。

ぐるり旅KOBEキャンペーン 1日券が350円!
5/14~10/31 ※枚数限定のため一定数に達したら終了

→最新情報はこちらの公式ホームページでご確認ください。

1回乗るのが210円なので、2回以上乗るのであれば一日乗車券を買った方がお得という事態!この夏の間、ぜひ活用してみてください◎

まとめ:神戸の観光に活用したいシティループ&ポートループ

神戸の観光に活用したいシティループ&ポートループ

神戸の人気の観光スポットを巡りたいと思ったら、とっても便利なシティループ&ポートループ。有名どころをぐるっと回ってくれる、ちょっとおしゃれな観光バスです。

大人の観光でも便利なのはもちろんですが、あまり歩けないちびっこ連れにはとっても助かる移動手段でした

一日乗り放題券をGETすれば、ほんの少しの距離でも乗り降り自由で、暑い夏の観光もバッチリ楽しめます。

我が家の神戸旅は、今回は港ゾーンのみとなりましたが、次に遊びに来れるときはもう少し市内の方もめぐってみたいなぁと次が楽しみになったバスの旅でした。